データ復旧サービス

Macプロリペアサービス東京 > データ復旧サービス

データ復旧サービス

データ復旧サービス

突然の故障の場合、Macintoshには自動バックアップを行うtimemachines(タイムマシン)などがありますがバックアップを取っていなかった、正常にバックアップできていなかったなどの場合に故障したハードディスクやSSDからデータを救出するサービスです。

よくある障害事例

一般的な事例をご紹介しております、同じような障害でお困りのお客様、まずは診断を行いますのでご相談ください。

data001.gif

電源を入れてからMacは起動するための装置を自動的に探しに行きます。
通常起動ディスクに設定されているハードディスクやSSDと呼ばれる記憶媒体にMacOSが入っておりますがこちらが故障によって認識されない場合、?フォルダマークが表示されます。
この状態はMacOSを起動するための装置が見つからずユーザーにお知らせしている画面です。
ハードディスクは認識されていてもMacOSのシステムファイルが破損して見えていない場合もございます。
このような状態でもデータ復旧を行っております。

data002.gif

ハードディスクは認識できておりますが、システムを起動する際に不具合があり起動することができない状態です。
ハードディスクの故障の場合やメモリー、グラフィックカードなどその他の故障個所の影響で停止してしまう場合がございます。
ハードディスクが壊れてかかっている場合、長時間待つと起動する場合もありますがほとんどが通常動作できる状態ではありません。
このような状態でもデータの復旧を行っております。

data003.gif

Macintoshの本体そのものの通電ができない状態です。
電源が入らないためハードディスクへアクセスすることができません。

この場合は本体を修理するか、直接中の記憶媒体を取り出してデータを復旧いたします。
暗号化やパスワードロックによって取り出しただけでは読み込めないケースもございますが様々なケースの復旧を行っております。

ハードディスクの状態

ハードディスクには健康状態を管理するS.M.A.R.T機能があります。

OSの起動ができない場合でも読み込みエラーがどのくらい発生しているのかなどを把握してその状態を確認して最適な復旧を行います。

データの復旧方法

データ復旧方法

故障した不具合の出ているハードディスクの完全複製(クローン)を作成し完全復旧を行います。

こちらで成功するとアプリケーションはもちろん、プリンタやネットワーク設定までもすべて残すことが可能です。

当店ではこちらでの復旧を第一に行います。

今までの通りに使用ができますので大変ご好評頂いております。

データの復旧方法

ケース1のクローンが作れないほど重症な場合の復旧です。

取り出せる限りすべて取り出したいのですが、ディスクの状態によってはすべて取り出すことができない場合もございます。

お客様に最重要データをお聞きしてそのファイルから取り出しを行います。可能な限りすべて取り出します。OSを起動するためのシステムファイルも取り出すことができれば移行できる場合もあります。

詳しくは弊社のデータ復旧サービス データリペアサービス仙台のページをご覧ください