画面の表示がおかしいMacの修理

Macプロリペアサービス東京 > 画面の表示がおかしいMacの修理

画面の表示がおかしいMacの修理

グラフィック故障

画面に縞模様が入ったり、ラインが入ったり表示できない故障はグラフィックカードの故障です
MacProにはグラフィックボード、iMacにはグラフィックカードが搭載されております
2012年以降のiMacはロジックボード上にグラフィックチップ付いておりますので取り外しができません
取り外し可能なグラフィックカードは基盤の修理が可能です

MacProのグラフィックボード

写真のような部品が搭載されております

初代MacPro、2008年、2009年、2010年モデルなど年式によってグラフィックボードも性能が上がっております

iMacグラフィックカード

iMacのグラフィックボードはガラスを取り外し、液晶パネル、センサーケ-ブルを取り外し、ロジックボードを取り外さないと外すことができません、非常に難易度の高い作業となります

グラフィックボードが壊れますとカーネルパニックが発生したり、フリーズしたりおかしな動きをすることがございます、また通常時は問題なくても負荷がかかった際に症状が発生する場合など不定期な場合もございます

何か動きがおかしいなと思ったらお気軽にご相談ください